逆流性食道炎とリラックス|日頃からストレスを発散出来るような生活習慣が必要

逆流性食道炎とリラックス

日頃からストレスを発散出来るような生活習慣が必要


逆流性食道炎とリラックス|日頃からストレスを発散出来るような生活習慣
逆流性食道炎とリラックス。これは再発をさせない生活のために最も重要なポイントです。
日頃からストレスに耐えられるようにするには、英気を養う時間も必要です。
もっと言えば、お酒でも食べることでもない所で、日頃からストレスを発散出来るような生活習慣が必要となってきます。


頑張ってばかりいた毎日

筆者は逆流性食道炎になる少し前、未来のために!ストレスになる仕事も耐えれる!とヘトヘトになるまで頑張っていました。そして、隠れ帯状疱疹になり、神経痛が残り、仕事ができなくなって、困り果てていました。
どうしようと頭がぐるぐる回っているような状態になり、逆流性食道炎を発症。
上記のように筆者は、最初に逆流性食道炎になった時、個人的に大きな問題を抱えていました。

その後、神経痛は多少よくなったものの、今度は逆流性食道炎が治らなくなったのです。
治る事がゴールで、極端に節制して、治ったらまた前の生活をしようと思っていたのですが、そうはさせてもらえませんでした。


逆流性食道炎にハマってしまった

筆者は元々、「現在の生活の幸福度を高める、ということは、後回しになっていて、無理ばかりしていた生活」だったので、逆流性食道炎が「治らないという事にハマった」と筆者は思っています。

結局、その問題を根本的に解決するために、今の生活をバラして、どこが悪いか、検証していき、
再度、生活を組み治すこと必要でした。

生活改善を送る中で気づいたことがたくさんありました。
頑張る!ではなくて、どう日頃からリラックスできる状況を作っていくか、そこが重要だと悟りました。


適度にリラックスして、やるときは効率よく頑張る

ただがむしゃらに頑張るなんて誰でも出来ます。適度にリラックスして、やるときは効率よく頑張る。そうやって、生活の質を高めていく事に努力をするのって、一番難しく、今まで目をそむけていた所。。

目をそむけていた理由は簡単です。休むことに怖さがあるから。こんな事してる場合じゃない!って焦って頑張ってばかりでは、いつまでも体が持たないということも帯状疱疹で理解しました。

自営業なんで、適度に休んで、適度に働いて、という一番むずかしい課題を出され、自営業10年目になんとか克服しつつあります。

逆流性食道炎なんで、暴飲暴食でストレス解消は使えません。(もし使えても太るし、飲み過ぎは体にも仕事にも、家族関係にもよくありません)
さて、筆者の最近の簡単なリラックス方法をご紹介いたします。

逆流性食道炎とリラックス
逆流性食道炎を9割完治させたリラックス方法

逆流性食道炎を9割完治させた自己治療・付き合い方
逆流性食道炎マニュアル
メインメニュー

筆者おすすめ!
 ※2022年1月追記

最近、私はこの検査をやって、お腹をペッタンコ化にに成功しました。

遺伝子検査キット<GeneLife Genesis2.0+(ジーンライフ ジェネシス プラス)>

この遺伝子検査で、自分のダイエットに対する体質がわかり、最近、そのおかげで、お腹をペッタンコに出来ました。 また、逆流性食道炎で胃がんや食道がんにならないか心配していたので、リクスもわかり、DNA的に低い事がわかって安心しました。AGA(ハゲ)のなりやすさもDNAで診断出来たり、性格や、その他色々遺伝子でわかって大変興味深かったです。値段も改正して半額以下のの14900円となって安く、唾を送るだけなので簡単でした。また、1ヶ月後の結果後、アプリで見れるのですが、アプリよりMyself2.0(14900円)が4,455円でそのまま診断出来て超お得です!Genesis2.0+とGenesis2.0は内容は同じなので安くなった2.0+を間違えずにご購入下さい。(2.0+はさらにコロナの重症化リスクが検査項目に追加されてお得です)

投稿者
36歳で逆流性食道炎になった既婚男子

現在40歳の既婚男子です。子供2人。仕事はWEB制作を中心に行っています。デスクワークのため、逆流性食道炎が治りづらく、苦しんでいる同世代の参考になればと、本などに掲載されていない独自の対処法を主にまとめました。

お問い合わせ